gladevise Logo
HomeAboutContact

Ubuntu19.10から20.04へのアップグレード


Ubuntu19.10からUbuntu20.04へのアップグレード

Ubuntu19.10から20.04へアップグレードするには下記のコマンドを実行します

sudo apt update
sudo apt upgrade
sudo apt dist-upgrade
sudo apt autoremove
sudo do-release-upgrade

do-release-upgradeでPlease install all available updates for your release before upgrading.が出る場合

任意にアップグレードしなければならないパッケージが、まだアップグレードされていない場合にこのエラーが表示されます。

sudo apt upgradeした時に以下のようなメッセージが表示されているはずです。

The following packages have been kept back:
  libc++1
0 upgraded, 0 newly installed, 0 to remove and 1 not upgraded.

こうした場合、以下のようにして、手動で該当するパッケージをアップグレードする必要が有ります。

sudo apt install libc++1

https://askubuntu.com/questions/1085295/error-while-trying-to-upgrade-from-ubuntu-18-04-to-18-10-please-install-all-av

サードパーティ製ライブラリの設定

無事、アップグレードが終了したら、Ubuntu 20.04向けにソースリスト(/etc/apt/sources.list.d/)を更新します。もし、サードパーティ製ライブラリを使用していない場合はこの手順は必要ありません。また自分で新たにadd-apt-repositoryを使用してUbuntu 20.04(focal)向けのソースリストを更新する場合も以下の手続きは不要です。

まずはdo-release-upgradeによって自動的にコメントアウトされたリストをアンコメントアウトします。

sudo sed -i '/deb/s/^#//g' /etc/apt/sources.list.d/*.list

さらにeoanfocalに置き換えてUbuntu20.04向けのパッケージがインストールされるように変更します。

sudo sed -i 's/eoan/focal/g' /etc/apt/sources.list.d/*.list

aptをupdateしてソースリストが反映されたか確認します

sudo apt update

これまでのインストール状況によっては、souce.listが複数回設定されていて、以下のようにWarningが出る場合があります。

W: ターゲット Source(main/source/Sources)は/etc/apt/sources.list.d/lazygit-team-ubuntu-release-eoan.list:2と/etc/apt/sources.list.d/lazygit-team-ubuntu-release-eoan.list:3で複数回設定されています。

これは先程、全てのソースリストのコメントアウトを解除したためです。重複している部分を削除すれば消えます。

NVIDIA driversをアップデート

NVIDIAのGPUがある場合はドライバーをアップデートしておくことをオススメします。まずはnvidia-smiで今入っているドライバーを確認します。

nvidia-smi
Sun Jun 28 07:17:35 2020
+-----------------------------------------------------------------------------+
| NVIDIA-SMI 435.21       Driver Version: 435.21       CUDA Version: 10.1     |
|-------------------------------+----------------------+----------------------+

次にubuntu-drivers devicesで利用可能なドライバーを探します。

ubuntu-drivers devices
== /sys/devices/pci0000:00/0000:00:01.0/0000:01:00.0 ==
vendor   : NVIDIA Corporation
model    : GP102 [GeForce GTX 1080 Ti]
driver   : nvidia-driver-390 - distro non-free
driver   : nvidia-driver-440 - distro non-free recommended
driver   : nvidia-driver-435 - distro non-free
driver   : xserver-xorg-video-nouveau - distro free builtin

nvidia-driver-440が利用可能で推奨されていることが上の結果から分かります。最後に以下のコマンドを実行して、ドライバーをアップデートします。

sudo ubuntu-drivers autoinstall

アップデート終了後はrebootなどで再起動してください。再起動後nvidia-smiを確認すると、ドライバーが更新されていることが分かります。

nvidia-smi
+-----------------------------------------------------------------------------+
| NVIDIA-SMI 440.100      Driver Version: 440.100      CUDA Version: 10.2     |
|-------------------------------+----------------------+----------------------+

参考

https://linuxconfig.org/how-to-upgrade-ubuntu-to-20-04-lts-focal-fossa

https://linuxconfig.org/how-to-install-the-nvidia-drivers-on-ubuntu-20-04-focal-fossa-linux

Recent Posts

Rust製の爆速端末Alacrittyのインストールと設定方法

Rust製のGPUで高速レンダリングするターミナルエミュレータAlacrittyのインストール方法、tmux、NeoVimでのTrue Color、カラースキーム、Font、デフォルトの端末の設定などの紹介をします。

react-modalを使ってModalコンポーネントを作る

react-modalを使ってModalコンポーネントを作る方法を解説します。モーダルの外側をクリックして閉じる、アニメーションを付ける等の基本的な機能から、CSS-in-JS(Emotion)を使ってタイリングの方法を説明します。

Emotionを使ってGatsbyでtailwindを使う方法

Gatsby & Emotion & tailwindの環境構築、スタイリング方法についてまとめました。twin.macroを使えば、classNameだけでなく、Styled Componentsやcss propでスタイリングできます。

GatsbyのLinter/Formatter, CSS-in-JS環境構築

Gatsbyのインストール方法、プロジェクトの作り方、Linter(ESLint, stylelint)/Formatter(prettier)、CSS-in-JS(styled-components, Emotion)、tailwindの設定方法を説明します。

Ubuntu19.10から20.04へのアップグレード